コラム

コラム 雅楽の話

管絃音義【其の七】

2021/5/13  

また話はそれますが、江戸時代の曲亭(滝沢)馬琴の「燕石雑志えんせきざっし」に面白いことが書かれていますので、紹介しておきましょう。 「桃太郎、鬼ヶ島は鬼門を表せり」とあります。 鬼門は北東=丑寅の方角 ...

コラム ひろいせかいや

ご存命の教祖を感じた日【村田明彦②】

2021/5/13  

陽気な人々が暮すフィリピン、この国へ訪れた理由と心に残ったある出来事を今回は書かせて頂きたいと思います。 フィリピンに行くことになったのは、天理大学在学中に国際交流プロジェクトに参加したからです。学生 ...

コラム ひろいせかいや

陽気なフィリピンの人々を訪ねて【村田明彦①】

2021/5/13  

三十六年間の人生で約二年半海外で生活させて頂きました。 そのうちフィリピンで過ごした一か月のお話をさせて頂きます。 フィリピンは正式にはフィリピン共和国といい、七千以上の島からなる島国です。 言語は公 ...

コラム ひろいせかいや

台湾の宗教観【西澤徳彦②】

2021/5/9  

今回は現地の事を知るうえで欠かせない宗教観について書いていきたいと思います。 日本だと地域によって差はありますが、宗教に対して良いイメージや、関わりたくない雰囲気があると思います。 私も今まで、「天理 ...

コラム ひろいせかいや

台灣便利商店【西澤徳彦①】

2021/5/9  

私は天理大学を卒業した翌月から、台湾伝道庁で青年を2年間つとめました。 青年といっても午前中は言語学校に通い、昼から青年勤めをしました。 台湾は九州ぐらいの大きさで、東京から2163km離れた所にあり ...

コラム ひろいせかいや

My Old Kentucky Home 【田中敏行②】

2021/5/9  

いろんな国に行かせていただき感じたことは、「宗教」というのが生活、または国のルールのベース(基礎)になっているということ。 その中でもアメリカは、もちろんのことですが、キリスト教の教えがベースで成り立 ...

コラム ひろいせかいや

My Old Kentucky Home 【田中敏行①】

2021/4/19  

「Help! Help me!」 日本のとある保育園のトイレから英語で悲痛な叫び声が響いた。 駆けつけた先生が目にしたのは、和式トイレの使い方を知らず、便器にお尻がはまり、抜け出せずに泣いている田中少 ...

コラム 雅楽の話

雅楽の調子【其の六】

2021/3/13  

鎌倉時代に書かれた楽書がくしょ(雅楽の書物)に、「管絃音義」という書物があります。これは、天にある星、そして方位、時間、四季、色などを雅楽に当てはめ(コラボ)たものです。 順番に説明しましょう。 中央 ...

コラム 雅楽の話

音取と調子【其の五】

2021/2/13  

さて、奏楽の話に入って行きましょう。 祭典で楽人が所定の位置に着席いたします。ほとんどの教会では中段でしょう。座る序列は、鞨鼓かっこ・太鼓・鉦鼓しょうこ・琵琶・筝・笙・篳篥・龍笛の順です。 そして、ま ...

コラム 雅楽の話

琴、瑟相和す【其の四】

2021/2/9  

こうした古い雅楽器の名前を使い、「琴きん、瑟相しつあい和わわす」という言葉があります。夫婦仲がとても良いことをあらわしています。 その出典は、詩経、小雅の常棣に、 妻子 好合し 琴瑟きんしつ鼓こするが ...

© 2021 天理教奈良教区WEB