風姿花伝①【其の三十四】

雅楽から出た言葉の掲載を終え、箸休めならぬ筆休めとして、先に「序の口」(昨年7月号)の項で出てきました「風姿花伝」について、林望(はやしのぞむ・作家)氏が某紙に書いておられた文章を転載します。

世阿弥の『風姿花伝』、これじつは『花伝』という総称のもとに括られる七つの伝書のことである。

能楽が今日まで七百年近い年月を生き抜いてきたのは、その大成期に世阿弥という天才が出て、多くの名曲とともに、合理性を極めた『花伝』という教えを遺しておいてくれたおかげである。

その第一『年来稽古条々』には、一人の能役者が子方から老境に至るまでの、芸道修業の心得ともいうべきものが示されている。

まず、七歳から芸を教えるとして、その要諦はうち任せて、心のままにせさすべし。

さのみに、よき、あしきとは教ふべからず。

あまりにいたく諌むれば、童は気を失ひて、能、ものくさくなりたちぬれば、やがて能は止まるなりということだと言う。

つまり子供にはあまり細かなことを口うるさく教えると嫌になってしまってものにならないぞ、と教えている。

子供たちに、まずはほめて教えて「興味を持たせる」指導をしたであろう世阿弥自身、あるいは世阿弥にそのように教えたであろう父観阿弥の面影が、ふと生々しく浮び上ってくる。

やがて、二十四、五歳にもなれば、芸はおおかた出来てくる。姿は若盛りとあって、おそらく役者としての人気も大いに出てくるだろう・・・・・・・

けれども、それは若盛りゆえの「珍しき花」に過ぎない、決してそれでおのれの芸が世の中に認められたなどと勘違いしてはいけないと、世阿弥は俄然厳しく教え諭す。

要するに世間の人からみれば、目新しく美しいということが人気の理由なので決して芸が出来上がったということではない、そこがしかし、多くの凡庸なる芸能者の勘違いしやすいところだというのだが、こんなことは今どきの若い俳優諸君にも、よくよく読ませたいところである。